慶應医学会例会

下記のとおり例会を開催いたしますので、ふるってご来聴くださいますようお願い申し上げます。

日 時 2018 年 7 月 27 日 (金) 10 : 00
場 所 3号館北棟 ラウンジ(予定)
演 題 Overcoming resistance to PD-1 therapy
  ANTONI RIBAS M.D., Ph.D
University of California Los Angeles (UCLA)
担 当

先端研(細胞)教室
責任者:河上裕 教授
担当者:谷口智憲 先生 (内線 62708)

 
  以上
日 時 2018 年 5 月 29 日 (火) 18 : 00
場 所 総合医科学研究棟1階ラウンジ
演 題 Genomic views of lymphocyte activation
  John Joseph O'Shea M.D.
Molecular Immunology and Inflammation Branch, National Institute of Arthritis and Musculoskeletal and Skin Diseases (NIAMS), NIH
担 当

皮膚科学教室 教室
責任者:天谷雅行 教授
担当者:高橋勇人 先生 (内線 62411)

 
  以上
日 時 2018 年 5 月 21 日 (月) 19 : 00
場 所 総合医科学研究棟1階ラウンジ
演 題 The future of Cardio-Oncology: How can we predict the CVD in cancer survivors?
  Junichi Abe MD, PhD
Department of Cardiology Division of Internal Medicine University of Texas MD Anderson Cancer Center
担 当

循環器内科学 教室
責任者:福田恵一 教授
担当者:福田恵一 先生 (内線 61420)

 
  以上
日 時 2018 年 5 月 12 日 (土) 16 : 00
場 所 臨床研究棟ラウンジ
演 題 GVHD Prevention in 2018: Tried and True or Something New?
  Masumi Ueda MD
University of Washington

Graft-versus-host disease (GVHD) is a major contributor to early and late morbidity and mortality after allogeneic stem cell transplantation. Despite results from a randomized controlled trial demonstrating an increased risk of chronic GVHD with use of growth factor-mobilized peripheral blood stem cells (PBSC) compared with bone marrow, PBSCs are the most widely used graft source in allogeneic transplantation for hematologic neoplasms in the U.S. This lecture will review established, recent, and novel strategies for GVHD prevention in unrelated donor PBSC transplantation and will highlight ongoing clinical research at Fred Hutchinson Cancer Research Center. Clinical trials aimed at defining standard-of-care GVHD prophylaxis after myeloablative and nonmyelablative conditioning will be presented. In addition, novel pharmacologic agents and graft manipulation strategies under investigation will be discussed.
担 当

内科学(血液) 教室
責任者:岡本真一郎 教授
担当者: (内線 62385)

 
  以上
日 時 2018 年 3 月 28 日 (水) 18 : 00
場 所 東校舎1F セミナー室
演 題 Identification of molecular mechanism underlying diffuse-type gastric cancer progression depending on tumor stroma
  Takatsugu Ishimoto M.D., Ph.D., FACS
Department of Gastroenterological Surgery, Graduate School of Medical Science, Kumamoto University Gastrointestinal Cancer Biology, International Research Center of Medical Sciences (IRCMS), Kumamoto University
担 当

微生物学・免疫学 教室
責任者:吉村昭彦 教授
担当者:谷口浩二 先生 (内線 61220)

 
  以上
日 時 2018 年 3 月 26 日 (金)19 : 15
場 所 総合医科学研究棟1階ラウンジ
演 題 Heart Regeneration with Human Stem Cell-Derived Cardiomyocytes
  Charles Emerson Murry Ph.D.
University of Washington, USA
担 当

循環器内科 教室
責任者:福田恵一 教授
担当者:福田恵一 先生 (内線 61420)

 
  以上
日 時 2018 年 2 月 23 日 (金)18 : 00
場 所 新教育研究棟4階講堂
演 題 Podocytes interaction with the immune system
  Jun Oh M.D.
Head, Division of Pediatric Nephrology
Director, KfH Kidney Center for Children and Adolescents Hamburg
Center for Obstetrics and Paediatrics
University Medical Center Hamburg-Eppendorf
担 当

小児科学 教室
責任者:高橋孝雄 教授
担当者:粟津緑 先生 (内線 62365)

 
  以上
日 時 2018 年 1 月 25 日 (水) 17 : 00
場 所 未定
演 題 na
  Daniel Mucida Dr
The rockefeller University
担 当

消化器内科 教室
責任者:金井隆典 教授
担当者:筋野智久 先生 (内線 62384)

 
  以上

†先頭へ

関連病院会 クリニック情報 住所変更依頼 トップページへ戻る