慶應医学会例会

下記のとおり例会を開催いたしますので、ふるってご来聴くださいますようお願い申し上げます。

日 時 2019 年 5 月 10 日 (金) 17 : 00
場 所 東校舎1階会議室
演 題

Mutual inhibition between Prkd2 and Bcl6 controls T follicular helper cell differentiation.

  三澤拓馬
University of Texas Southwestern (UTSW) Medical Center
Center for the Genetics of Host Defense
(ノーベル賞受賞のBruce Beutler研究室)研究員
  変異マウスを用いたフォワード・ジェネティクススクリーニングによって、Immunoglobulin E (IgE) の産生に関わる遺伝子の特定を試みた。その結果、Ser/Thr kinase であるProtein kinase D2 (Prkd2)が、IgE 産生機構の負の制御因子であることが明らかとなった。Prkd2 変異 マウスにおけるIgE の異常な産生は、T follicular helper cells (TFH) の過度の分化に起因していた。
未刺激条件下のCD4+ T細胞において、Prkd2 はTFH のマスターレギュレーターであるB-cell lymphoma 6 (Bcl6)をリン酸化する。リン酸化型Bcl6は核へスムーズに移行できないため、TFHの分化が抑制される。一方、アレルゲン感作によってCD4+ T細胞におけるBcl6 の発現量が高まると、Bcl6 は自身の転写抑制活性によってPrkd2 の転写量を低下させる。Prkd2 の発現量が減少すると、CD4+ T 細胞内には非リン参加型のBcl6 が蓄積し、それらは核内へ移行する。Bcl6 は、核内においてTFH の分化を促進するための遺伝子制御を行う。つまり、本研究によってPrkd2-Bcl6 間の相互制御のバランスが、TFH の分化とその後のIgE の産生量を適切に保つ上で極めて重要であることが明らかとなった。
担 当

微生物学・免疫学教室 教室
責任者:吉村 昭彦 教授
担当者:(内線 61220)

 
  以上
日 時 2019 年 4 月 16 日 (火) 15 : 00
場 所 総合医科学研究棟2階会議室
演 題

Stem cells of the suture mesenchyme in craniofacial bone development, repair and regeneration

  Takamitsu Maruyama PhD
  University of Rochester Medical Center
  Development of the skeleton is mediated through two distinct ossification mechanisms. Craniofacial bones are formed mainly through intramembranous ossification, a mechanism different from endochondral ossification required for development of the body skeleton. The skeletal structures are quite distinct between the two, thus they are likely to have their unique stem cell populations. The sutures serve as the growth center critical for healthy development of the craniofacial skeleton. Defects in suture morphogenesis cause its premature closure, resulting in development of craniosynostosis, a devastating disease affecting 1 in ~2,500 individuals. The suture mesenchyme has been postulated to act as the niche of skeletal stem cells essential for calvarial morphogenesis. However, very limited knowledge is available for suture biology and suture stem cells (SuSCs) have yet to be isolated. Here we report the first evidence for identification and isolation of a stem cell population residing in the suture midline. Genetic labeling of SuSCs shows their ability to self-renew and continually give rise to mature cell types over a 1-year monitoring period. They maintain their localizationin the niches constantly produce skeletogenic descendants during calvarial development and homeostastic maintenance. Upon injury, SuSCs expand drastically surrounding the skeletogenic mesenchyme, migrate to the damaged site and contribute directly to skeletal repair in a cell autonomous fashion. The regeneration, pluripotency and frequency of SuSCs are also determined using limiting dilution transplantation. In vivo clonal expansion analysis demonstrates a single SuSC capable of generating bones. Furthermore, SuSC transplantation into injured calvaria facilitates the healing processes through direct engraftments. Our findings demonstrate SuSCs are bona fide skeletal stem cells ideally suited for cell-based craniofacial bone therapy as they possess abilities to engraft, differentiate.

担当・責任者:
共同利用研究室(細胞組織学)
松尾光一 教授(内線 62580)

 
  以上
日 時 2019 年 3 月 28 日 (木) 19 : 00
場 所 ラウンジ(臨床研究棟)
演 題

Latest in Cervical Deformity Techniques and Research

  Christopher Ames MD
University of California San Francisco
担 当

整形外科 教室
責任者:松本守雄 教授
担当者:渡邉航太 先生(内線 61637)

 
  以上
日 時 2019 年 3 月 11 日 (月) 18 : 00
場 所 総合医科学研究棟1Fラウンジ
演 題

"Training the Psychiatrists of the Future."

  Deborah L. Cabaniss MD
Associate Director of Residency Training, Professor of Clinical Psychiatry, Columbia University Department of Psychiatry
担 当

精神・神経科学 教室
責任者:三村 將 教授
担当者:中川 敦夫 先生(内線 64747)

 
  以上
日 時 2019 年 1 月 30 日 (水) 18 : 00
場 所 慶應義塾大学病院 1号館3階会議室2
演 題

Clinical Studies in Wolfram Syndrome and Neonatal Diabetes.

  Bess Marshall MD
Professor of Pediatrics, Endocrinology and Diabetes Co-Director, Pediatrics Office of Faculty Development Medical Director, Washington University Wolfram Syndrome Research Clinic
担 当

小児科学 教室
責任者:山岸敬幸教授
担当者:(内線 62365)

 
  以上
日 時 2019 年 1 月 30 日 (水) 17 : 00
場 所 JKiC1階会議室
演 題

Make and measure T cell responses better

  Naoto Hirano MD, PhD
Department of Immunology, University of Toronto
担 当

微生物学・免疫学教室 教室
責任者:吉村 昭彦 教授
担当者:(内線 61220)

 
  以上
日 時 2018 年 11 月 27 日 (火) 19 : 00
場 所 新教育棟4階講堂
演 題

"Story of development of tear-free onions" that cannot be told without tears.

  Shinsuke Imai Ph.D
Basic research division Research & development headquaters House Foods Group Inc.
担 当

循環器内科学 教室
責任者:福田恵一 教授
担当者:(内線 61420)

 
  以上

†先頭へ

関連病院会 クリニック情報 住所変更依頼 トップページへ戻る